山梨県甲府市近郊の襖(ふすま)修理・交換・張替え工事

ふすまの張替え

ふすまの歴史

ふすまの歴史

ふすまの起源はまず、8世紀頃、几帳、衝立、屏風、明かり障子などの室内の調度品からとして生まれました。初期の頃は中国から伝わった唐紙が主流でしたが、11世紀頃には日本独自の大和絵が盛んに描かれるようになります。当初は防寒を主な目的としていたふすまが内装建材・装飾品として利用されるようになってのもこの頃からです。

芸術品としての役割も大きく、鎌倉時代〜江戸時代に寺院や城のふすまに描かれた襖絵は、重要な文化財として現存します。

建材としてのふすまの性能

建材としてのふすまの性能

芸術品としての評価が高い一方、ふすまは建材としての性能も高く重宝されています。必要なときに開け閉めが容易で取り外しも簡単に行い間仕切りを変えられる、密閉性が低い、保温機能や調湿性能に秀でているなどの特徴があるためです。

また和室は落ち着いた雰囲気を出す反面地味になりがちですが、芸術的なふすまを配置することにより、華やかさを出すことも可能です。

自然素材の和紙を使ったふすまを配置すれば、ナチュラルな質感を楽しみつつ健康に配慮した住宅を造ることができます。

フローリング・クロス・珪藻土・水廻りなど、内装のリフォームをご希望の方は上田畳工業所へ!創業100年、地元を大切にする会社です。

〒400-0064 
山梨県甲府市下飯田2-9-15
TEL:055-228-7748
FAX:055-228-7812
E-mail:info@k-uedatatami.com