山梨県甲府市近郊の畳・ふすまの張替え、内装リフォーム

畳とふすまの豆知識

Q.1 ◆畳が汚れてしまった時は

A.1 畳は濡れた布や雑巾で拭くと、光沢がなくなりカビの原因にもなります。畳が汚れてしまった時はまず掃除機をかけ、乾いた雑巾でカラ拭きしましょう。汚れが取れないときは、薄めた酢を使って拭くのが効果的です。

Q.2 ◆カビやダニを防ぐために

A.2 畳の新調や表替えをした年から2、3年はカビやダニの発生が多くなります。特に梅雨時期など湿度が高くなる季節は除湿機やエアコンで除湿し、畳を守ってあげましょう。

Q.3 ◆直射日光の当てすぎは禁物

A.3 畳に直射日光を当てすぎると、日焼けによる傷みが早く進みます。カーテンをかけるなどし、畳には極力直射日光を当てないようにしましょう。

Q.4 ◆家具等による傷跡は

A.4 2、3度霧吹きし、濡れタオルを当て、アイロンをかけます。こうすることでい草が膨らみ、元に戻すことができます。(ひどい傷には修理や畳表の交換が必要になります。)

Q.5 ◆畳表の張替周期は

A.5 畳表の張替周期は、平均4〜5年と言われています。(使用条件やい草の種類などにより若干異なります。) 

Q.6 ◆ふすまの張替え周期は?

A.6 ふすまは4年ごとに張替えるのが理想とされています。破れ、はがれ、日焼け、汚れが目立ってきたら張り替えましょう。

Q.7 ◆普段の手入れで気をつけることは?

A.7 一番汚れやすいのは、手あかが付きやすい引き手周辺です。手垢の汚れは消しゴムで軽くこすることにより落とせます。また、ふすまのすべりが悪い場合は、敷居に蝋を塗るとすべりが良くなります。

Q.8 ◆ふすまの柄を選ぶ時に気をつけることは?

A.8 ふすまはまず大まかに「紙系」と「織物系」の二種類に分かれ、その中で更に高級品、一般品など多くの種類があります。
ふすまの柄や材質を選ぶ際にはまず、私たち業者がいくつか候補を選定し、お勧めの品を提案するのが一般的です。予め材質・色・価格などの条件をご提示いただければお勧め商品も選定しやすくなります。「できるだけたくさんの見本を見たい」というご要望がある場合には実際に店舗に足を運ぶのがいいでしょう。

Q.9 ◆ふすまのお掃除ポイント

A.9 ・埃はハタキなどで掃います。強く掃きすぎてふすまを傷めないように注意しましょう。
・汚れが付いたらすぐに布でふき取りましょう。ふすまについて汚れはカビやシミの原因ともなります。
・敷居のゴミや、敷居とふすまの底との間に挟まっているゴミは竹串や楊枝などで細かくお掃除しましょう。
・縁や引き手は乾拭きしましょう。
・縁についた傷が目立つ場合は同色の塗料で補修することにより、傷を目立たせないようにできます。
日本人が古くから愛し、建材として重宝してきた畳。修理・張替工事など、畳のことは創業100年の上田畳工業所にお任せ下さい!

〒400-0064
山梨県甲府市下飯田2-9-15
TEL:055-228-7748
FAX:055-228-7812
E-mail:info@k-uedatatami.com